« ヨハネによる福音書 3章1~15節 「新しく生まれる」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 »

2024年6月 9日 (日)

マタイによる福音書 6章25~34節 「花や鳥のように」

~「花の日・子どもの日」子どもとおとなの合同礼拝~

 鳥も花も、すべてのいのちは神さまから大切にされたいのちです。もちろんわたしたちも、です。だから何も心配はいらないよ、「大丈夫だよ」「ここで生きてごらん、守ってあげるよ」、このように今ここにいる一人ひとりに向かって語りかけてくださっているのです。「空の鳥、野の花」と同様、わたしたちのそのいのちが祝福され、そのありようが主の目から見れば美しいと宣言なさっているのです。

 皆さんは、もしかしたら「今のうちにちゃんと勉強しておかないとおとなになったら困るよ」とか「今のうちからちゃんとルールを守れる人になろうね」と家や学校で言われているかもしれません。それは間違ったことではないでしょう。でも、実はそれだけが正しいことではないのです。将来のために今日を生きるばかりでは、つらくなってしまいます。「いつか素敵な良い人になるために、今、がんばる」ことがなくても、今、そのままであなたは素晴らしいのです。今日を生きることが神さまに応えていくことなのです。「だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である」この言葉を聞いて、少しでも明るい気持ちになれたらいいなと思います。すべての苦労がなくなるわけではありません。今日という日に与えられた苦労はなくならないのです。しかし、明日や将来に負わなければならない苦労を今のことにする必要はないのです。今日を生き抜こうじゃないかと自分から行動する気持ちになれるのです。

 主イエスはもちろん、わたしたちの毎日の辛い時や悲しい時のことを全部知っています。その上での言葉なのです。今日ダメだったから明日もダメなのだと決めつけしまうことはやめようよ、ということです。明日になればきっと何か新しいこと、希望が現われてくるかもしれないよ、ということです。きっと、良い方向に向かうだろうという考え方を教えてくれているのです。たとえば、ジュースをコップに半分飲んだとき、「半分しか残っていない」と考えるより、「あと半分も残っている」と考えることから始めていこうよ、という考えを主イエスは呼びかけているのです。

 テレビなどで災害で困っている人たちのことや戦争や紛争で恐怖の中におかれている人たちのことを知らされる時、その人たちは明日のことを思い悩まずにいられないだろうとの思いがよぎります。確かにそのことを思うと本当に苦しいです。しかし、誤解を恐れずに言えば、その人たちの「明日」はその人たちのものです。わたしたちは、わたしたち自身が明日生きる希望をイエスさまから得て、かの人たちが苦しまない社会を作り出す力を備えていくべきなのです。主イエスは、小さく弱くされた人たちに対して何よりもまず寄り添いつつ生きることを目指した方です。ですから、わたしたちは、困難な場に主イエスが共にいてくださる、このような希望があると信じたいと思います。

« ヨハネによる福音書 3章1~15節 「新しく生まれる」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 »

ヨハネによる福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨハネによる福音書 3章1~15節 「新しく生まれる」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 »

無料ブログはココログ