« ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章43~54節 「言葉を信じて」 »

2024年6月23日 (日)

ヨハネによる福音書 4章21~26節 「御心と、その業」

 主イエスが水を飲ませてほしいと語りかけたのは、穿った見方をすれば、この女性と、一人の人間と一人の人間の対等な関係を作り出すための一つの口実だったのかもしれません。この女性は、様々な事情によって自分自身も、社会的にも、一体何者なのかという点において引き裂かれた存在であったことがこの後の対話で明らかにされていきます。水を飲ませてほしいと言った主イエスはさらに「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」と語ります。これに対し彼女は答えます「主よ、渇くことがないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をください」。引き裂かれた自分自身の中から振り絞るようにして出した言葉でしょう。今生きていることの充実感や喜びが、この村の共同体の中で得られないという「渇き」は、ヤコブの井戸の水を飲むことでは決して癒されることないのだとの理解が起こったのではないでしょうか。主イエスとの対話の中で、人の目や、その背後にあるサマリヤ教の規律を与えたとされる神の、その冷酷さや残酷さに打ちひしがれることのない、しなやかで柔らかで温かいいのちとしての水に気づかされたのでしょう。このように語れるのは預言者なのだろうと感じたのです。

 さらに彼女の問いに対する主イエスの答えは「まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。」「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることではなく、「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」とあります。この言葉は、将来に担保された救いよりもむしろ、今を神の前にあってどう生きるかが問われているとの問題提起です。生き直しの時は今なのだ、そのための水を与えるという宣言が出来事となっているのです。「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」この道の確かさをこの女性は確認できたのでしょう。

 サマリアの女性は引き裂かれた状態にさらされています。差別され追いやられ、自分で自分をさらに不自由にさせられていたのです。主イエスとの出会いによって、その彼女に生き直しへと導く出来事が起こったのです。「決して渇かない」あり方です。「あなたと話をしているこのわたしである」という自ら歩み出てくださる主イエスが生かす水として働かれたのです。今日の聖書は、このサマリアの女性を「渇き」から生き返らせた出来事が、わたしたちと決して無縁ではないと語りかけているのではないでしょうか。

« ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章43~54節 「言葉を信じて」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨハネによる福音書 4章39~42節 「自分で聞いて」 | トップページ | ヨハネによる福音書 4章43~54節 「言葉を信じて」 »

無料ブログはココログ