« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月28日 (日)

ヨハネによる福音書 15章18~27節 「証し人の使命」

 ヨハネ福音書は「世があなたがたを憎むなら、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい。」と語ります。この世がキリスト者と教会を憎むのは、それ以前に主イエスに対する憎しみがあるからなのだというのです。それはそうでしょう。主イエスは、この世から憎しみ抜かれる仕方で十字架へと追いやられた方だからです。主イエスが憎まれたのは、当時の常識ある人たちの「良心的な正しさ」を根拠として排除された人の仲間となり、友となったことと無関係ではありません。人間の社会は悲しいことに、差別や抑圧を伴った排除によってバランスを保つように権力が統治したがる傾向があるからです。主イエスの時代の常識からすれば、律法を守らない・守れない人たち、律法によって「汚れ」の烙印の押された人たちを差別し排除することは正義でした。また、ユダヤ教徒以外の人々と接触する徴税人も差別の対象とされました。いわば、主イエスは律法という基準によって差別され排除される人たちと交わることによって、治安を乱す危険人物とみなされていたのです。宗教的・政治的な権力からすれば、抹殺する必要があり、必然性があったのです。

 主イエスは、差別や抑圧を行う根拠としての憎しみを、いわば愛によって乗り越えようとしつつ歩まれたのです。憎しみのもたらすものは、他者を切り捨て排除することです。無視するとか暴言を吐くとか暴力を振るうということの根っことなるところの憎しみをもつことは、その人の人権、いのちそのものを全面的に否定することに他なりません。主イエスは愛することにより、憎しみを打ち砕き、お互いのいのちの尊さを取り戻す闘いを貫かれたのです。

 この主イエスに信じ従う者は、この世の常識が大切だと判断することではなく、主イエスが大切にするところこそを選び取るのです。その時、わたしたちには憎しみに対して怖れる必要のないことが1526節で知らされています。「わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。」と。さらには27節の「あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである。」という道への招きの途上にあることも同時に知らされるのです。この世界は憎しみに満ち満ちています。しかし、主イエスを信じ従う者には証し人としての使命が与えられているがゆえに、今ここでの自分の課題に真摯に向き合っていくことができるのではないでしょうか。

2024年4月21日 (日)

ヨハネによる福音書 21章15~25節 「愛すること」

 今日は主イエスが同じ問いを3度に亘って行い、これにペトロが応答した点に注目してみたいと思います。3という数には様々な意味があります。象徴的な意味と捉えれば、主イエスはペトロに対し「愛するか」と何度も何度も問いかけたと読むこともできます。愛するということは相手の存在をあるがままに認め、受け止めるところから、より深く豊かな関係性を作り出していく元となるあり方や態度そのものを示すのです。相手の存在も自分の存在も肯定しながら、その間にある関係にOKを出し、もっとより親しい間柄となっていくことです。「わたしを愛しているか」との主イエスからの問いが衝撃として重ねられていくとき、この繰り返し・反復の中で何か違うものが出来事となるのだということです。

 通常、繰り返し・反復とは同じことを単純に繰り返すだけで何の変化も起こらないのだと考えがちです。多くの場合はそうでしょう。しかし、同じ事を繰り返し・反復を続けていく中で、ふと別のところから「気づき」のようなものがやって来ることもあるのです。「わたしを愛しているか」という語りかけは、繰り返されることによって、主イエスとのこれまでの関係を踏まえて今どうなのか、そして将来にわたってどのようになるのか、さらに主イエスを愛するがゆえに生きる方向付け全般をもとらえ直すことへと促していくのです。

 聖書によれば、3度目の問いを受けた時に「悲しくなった」とあります。この「悲しみ」はこの問答において新しい局面が生まれたことを示します。主イエスを愛する以上にまず主イエスから愛されてしまっていることの恵みと憐みとが心から離れない、深い痛みをも伴った感謝と喜びへの気づきへと深められたのです。このペトロの新しい心の変化への招きに向かって主イエスは絶えず「わたしを愛しているか」と問いつづけているのだと知らされるのです。「わたしを愛しているか」との問いに対して「ご存じです」と答えながら、深められることから、自分と他者を主イエスにあって受け入れていく生き方へと展開させられていくのです。ここに主イエスの恵みと憐みがあります。

 「わたしを愛しているか」という語りかけと「ご存じです」との問答の中でやって来た生き生きとした気づきの力によって、主イエスによって愛されていることを愛していくこと、つまり愛における受容の受容によって、生きていくときに困難を乗り越えたりあるいは逃れる道さえ主イエスによって備えられているという信頼のもとに人生は守られているということです。

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

無料ブログはココログ