« マルコによる福音書 1章9~11節 「イエスの洗礼」 | トップページ | ルカによる福音書5章1~11節 「み言葉に従いて」 山田康博 »

2015年1月25日 (日)

マルコによる福音書 1章12~13節 「誘惑から守られて」

 「それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。」しかし、13節後半を読むと、次のようにあります「その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた」。この「おられたが」の「が」は、対立する事柄を込めた「しかし」という意味合いで訳してありますが、同時にという意味合いでの「そして」とか「また」というほうがいいようです。その最中ずうっと至福の時であったということです。つまり、荒れ野での40日間は、サタンから誘惑されていたが、至福の時、自己肯定に満ち足りていた、ということです。さらに言えば、幸せな「引きこもり青年の主イエスの姿」がここにあるということです。だからこそ、ガリラヤでの活動で、悪霊を追い払い、罪がすでに赦されてしまっていることを、高らかに宣言できたのではないでしょうか。
 主イエスご自身の「誘惑の中での守り」の記事によって知らされるのは、ただ主イエスだけにおいてのことではありません。主イエス自らが誘惑の中にあってさえ守られていたことによって、この物語がわたしたち教会に向かっても手渡されているのだということです。
 一言で「誘惑」とまとめることは難しいのですが、わたしたちもまた、様々な状況の中で誘惑に直面してしまうことが少なからずあるのです。ただ、ここでの誘惑は表面的で薄っぺらなものではなくて、その人の生涯の進むべき方向性あるいは基本的な人格のありように関わる事柄だと判断すべきです。何故なら、この後の記事から主イエスの公の活動の宣言がなされていくのですから。
 とすると、人が生涯を賭けてでも決断しなければならない課題というもの、それが主イエスにおいて既に解決済みだということになります。故に誘惑の中で悩む中にも、主イエスの誘惑の中での守りによって支えられているということへと導かれていくはずです。
 主イエスにおいて解決済みであることを根拠にしているからこそ、わたしたちに襲いかかってくる誘惑に対峙しうる力が備えられていることを信じることが赦されているということです。ここにこそ幸いがあるのです。誘惑とは、この世の価値観に溺れていくことであり、いかにして抵抗しうるのかが課題となります。とりわけ今、このときの日本社会でいきるわたしたちは大きな誘惑と向かい合っています。
 誘惑のただ中で守られている主イエスの姿は、わたしたちのあり方を支えるものです。どんなに状況に希望が見いだせず絶望に陥りそうになるときでも、主イエスのあの姿を思い浮かべることができれば大丈夫だというメッセージの迫りを受けることができるのです。その上で、お互いに祈り合い、支えあっていきたいと願います。

« マルコによる福音書 1章9~11節 「イエスの洗礼」 | トップページ | ルカによる福音書5章1~11節 「み言葉に従いて」 山田康博 »

マルコによる福音書」カテゴリの記事

コメント

いっぱい書いていたのに、世の中が怖くなって消してしまいました。

追伸です。この説教には励まされましたよ☆

何度もごめんなさい。

全ては茶番だったのか……?
そうじゃなかったのか……?
勉強不足でした。

悪魔の誘惑は半端ない。
何がどうなってるのか何もわからない。
友人と別れたとかいう話どころではなかったです。
一体わたしたちはどこに行くのでしょうか。

ネガティブ子さま
コメントをありがとうございます。
今回はマルコの誘惑物語からの説教でしたので、マタイやルカの平行記事の解釈をしていません。誘惑の中にあっても、同時に守りがあることに重点をおいて解釈しています。マタイやルカのテキストからであれば誘惑の具体としての権力や富などについても触れたはずです。しかし、いずれにしても、わたしたちがこの世を旅する者である限り誘惑は決して無縁でないことは確かです。まず祈りましょう。たとえ祈れないときでも「主の祈り」は覚えておいでですよね。何度でも「主の祈り」を祈り続けていけば、いつかきっと相応しい方向が与えられると信じています。特に「悪より救い出だしたまえ」のところに心を込めてみてください。試してみる価値はあります。きっと大丈夫です。

お返事をありがとうございます。おっしゃっている意味がわたしにはよくわかっていないかもしれないです。すみません。

私が書いた誘惑というのは、私たちを惑わす情報のことです。このところ、紛争地域に関して自主学習しているのですが、あまりにもわからないことが多すぎて。
茶番かもしれないと思ったのは、私が英雄視していた某氏も、もしかしたら実はこの国を争いに参加できる国に変えてしまうための黒幕だったのではないか、だとしたら、何を信じたらいいのかということなのです。もちろんそうでない可能性もありますね。

ずっと考えていたのですが、シリアやウクライナなどの紛争地帯の問題で、限りなく真実だと思えるのは、普通の生活をしている人々が嘆き悲しんでいるということです。
某ニュースキャスターの言葉ですが、その苦しみを、テレビの空爆を漠然と見るのではなく、最大限の「想像力」を働かせて、できる限り共感してみませんかと言っていましたが、私にはそれしかできないのかなあと思いました。
黒幕は誰なのか、裏で大きな組織を動かしている連中は誰なのか、わたしには難しすぎてわかりません。もし自分が苦しむ人々をさらに苦しめる方向で考えているのであれば、それが悪魔の誘惑だと思い、苦しいのです。
偶然にも昨日ナルニアの「銀のいす」で、魔女の呪いにかかったリリアン王子や、彼を救い出そうとしている友たちが、ヘビの誘惑と必死に戦っているところを読まされました。なんども彼らはヘビの呪いに騙されは引き戻され、騙されは引き戻されます。まさに神の守りの中にありながらサタンの誘惑と共にいるようでした。これは現在の自分の状態なのだろうかと思いました。

おっしゃっていることを半分も理解していなかったらすみません。でも「主の祈り」は唱えてみます。心がこもってなくてもいいですよね。私の祈りは心がないからです。

家族が胃腸炎で苦しんでいるのを看病しているため、このような時間になりました。どれだけ多くの人が、この何倍もの身内の苦しみにあわされているのでしょうね。

ネガティブ子さま
なるほど、情報が誘惑だというのは確かに現代に生きるわたしたちにとって切実な課題だと思います。その中で生き抜く知恵の一つはナルニアなどの良質なファンタジーに触れることによって「想像力」を耕していくことが大切だと感じています。わたしたちに届けられる情報には既にバイアスがかかっているのですからね。「想像力」を耕すためには情報との付き合い方というか流儀を整理する必要があるかもしれません。戦場や紛争地帯で地道に普通に暮らしている人々の姿を伝えようとする良心的なジャーナリストの働きを支えることも必要でしょう。いわゆる「庶民」の暮らしの中にこそ、生きるための知恵や苦労など聞くべき事柄が隠されているのではないでしょうか?情報の世界に溺れてしまわないためにも非陶酔的な立場を崩したくない、このように考えるこの頃です。現実をしっかりと把握するためにはファンタジーの助けが必要だと思います。わたしの場合は、アーシュラ・ル=グインの著作に励まされることが多いです。あと、上橋菜穂子とか。苦しみの中にあってこそ、生きることを肯定していく勇気が与えられたい、そう願っています。観察→「想像力」→共感→開かれた可能性、こんな方向があったら生きていけると信じたいですね。ちょっと観念的かもしれませんが。

お返事ありがとうございます。
「庶民」の一人として、わたしも「庶民」の声にこそ真実を感じることがあります。
先日は病院の待合室で隣の席になった人のお話が印象的でした。

そう、情報にはバイアスがかかっていますね。
でも普通の人たちの笑顔や涙は嘘ではないでしょう。
それを伝えてくれる良心的なジャーナリスト達を支えたいです。

グヴィンの作品は、「はるかな国」のあとに読みたいです。

またよろしくお願いいたします。

追伸です。

苦しみの中にあってこそ、生きることを肯定していく勇気が与えられたい、そう願っています。
観察→「想像力」→共感→開かれた可能性、こんな方向があったら生きていけると信じたいですね。

↑いいね!×100

毎日「主の祈り」を祈りながら、聖書とファンタジーの世界と現実との対話によって新しい道が拓かれていきますように祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルコによる福音書 1章12~13節 「誘惑から守られて」:

« マルコによる福音書 1章9~11節 「イエスの洗礼」 | トップページ | ルカによる福音書5章1~11節 「み言葉に従いて」 山田康博 »

無料ブログはココログ